吃音ポータルサイト 金沢大学人間社会研究域小林宏明のホームページ

HOME | ボビーのつぶやき | 2017-07-08-1

ぼびーのつぶやき

第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会で口頭発表をしました。

2017年07月08日




 2017年7月8日(土)〜9日(日)に愛知県名古屋市の愛知淑徳大学星が丘キャンパスで開催された第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会で、「吃音のある児童の学校生活の環境に関する実態調査」というタイトルの口頭発表をしました。

 

 今回の発表は、吃音のある児童を対象に行った学校生活に関する実態調査の一環で実施した、学校生活の環境に関する実態調査についてまとめたものとなります。調査の実施にあたっては、多くの吃音のあるお子様とその保護者の方、通級指導教室や言語聴覚士の先生方のご協力をいただきました。改めて、深く御礼申し上げます。
 
 発表では、今後の研究の方向性に関する貴重なご意見をいただくことができました。これらを踏まえて、今後、さらなる検討を加えていきたいと思います。
 
******
 
第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会
一般演題1-B(吃音(小児))
2017年7月8日(土)9:45〜10:15
愛知淑徳大学星が丘キャンパス55A(第1会場)
演題番号1-B-1
「吃音のある児童の学校生活の環境に関する実態調査」
  小林宏明(金沢大学人間社会研究域)
  川合紀宗(広島大学教育学研究科・国際協力研究科)
  宮本昌子(筑波大学人間系)
  前新直志(国際医療福祉大学保健医療学部)
  見上昌睦(福岡教育大学教育学部)
  原 由紀(北里大学医療衛生学部)
 
第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集, 81ページ.
 
概要 言語障害通級指導教室や大学の教育相談室で指導を受けている児童523名に、学齢期吃音のICFに基づくアセスメントプログラム(小林, 2014)を再構成した学校生活の環境に関する14項目の質問紙調査を行った。回答に不備のあったものを除いた501名の回答を分析した。その結果、(1)14項目中12項目で「よくある」「すこしある」「どちらでもない」が過半数を占めた一方、「ゆっくりと話す」「話し方を心配したり相談にのったりする」「発表や話し合いの方法をいろいろと考えてくれる」「「話し方をまねしたりからかったりする人を注意してくれる」の項目で「あまりない」「ほとんどない」の回答が2割を超えた。これらの結果をもとに、吃音のある学齢児の学校生活の環境について考察した。

 


学会 活動報告